2020年度|中古スマートフォン取引実績調査レポート(フリマ市場 )を公開しました

2020年度|中古スマートフォン取引実績調査レポート(フリマ市場 )を公開しました

2020年度(2020年4月〜2021年3月)中古スマートフォン取引実績調査レポート(フリマ市場)を公開いたしました。

【取引実績調査レポートの詳細内容について】
https://prtimes.jp/a/?f=d44035-20210610-6235.pdf

取引実績調査レポートサマリ

  • 中古スマートフォンの取引数は約44万件で前年比14.5%増
    中でもAndroid端末の取引が前年比22.2%増と大幅に伸長
  • 内訳はiPhoneが約6割、Androidが約4割
    中古スマートフォン市場でも日本のiPhone人気は顕在
  • 2020年度の中古iPhone取引件数ランキングTOP3は1位 iPhone 7、2位 iPhone 8、3位 iPhone 6sとなった
    また、約3年前に発売され、相場価格が45,000円と取引価格が手頃な価格になってきたiPhone XSの需要も急伸
  • 相場価格は、iPhone SE(第2世代)の発売開始のタイミングで既存iPhoneの価格が大きく下落。
    2021年3月度の取引実績ではiPhone 7/32GB:約10,000円程度、iPhone 8/64GB:約20,000円程度、iPhone SE(第2世代)/64GB:約40,000円程度。
  • 取引価格推移では、AndroidよりiPhoneの方が価格下落率が低いことが明らかに
    一方でiPhone、Android共に発売から1年ほどで価格は約半分となった

中古スマートフォン取引実績調査レポートとは

  • 期間:2020年4月〜2021年3月(比較期間:2019年4月〜2020年3月)
  • 対象件数:441,473件
  • 対象取引:主要なフリマサービスにて売買が成立した中古スマートフォンの取引実績の内、IMEIの記載があり機種が特定できたもの(これをにこスマが独自にデータ取得・蓄積し、解析・再構成しています)
  • データの定義
    • 相場価格:該当する取引価格の中央値
    • フィルタリング:”IMEI記載があるが機種特定不可”などの取引を除外

【取引実績調査レポートの詳細内容について】
https://prtimes.jp/a/?f=d44035-20210610-6235.pdf